長すぎた大型10連休は弱者の私にとり困りものでした。

今年の連休は何なのだったのか、長期休暇は社会が止まることでいいことはありません。弱者にとっては死活問題になりかねません。

弱者は病気で入院している人、自宅で療養している人、通院している人、リハビリに通っている人などですが、これらの人は人の手助けが無いと大変です。調整はされているとは思いますが、長い休暇になりますと病院食や看護する人、医院、薬局、介護施設、救急隊員、救急病棟の医師や看護師、検査技師など必要な人が休みますと途端に不便になります。救急車は呼べば来てはくれますので安心していますと、搬入先では検査技師が休みで検査が出来ず、緊急の場合は命に係わるかも知れません。

私の経験では正月休みに救急搬送先で検査が出来ず、入院も出来ずになりましたので、当直の先生がこれはまずいと転院先の病院を必死で探してくれました。

何が言いたいのかと言えば大型連休は若い人にはありがたいものですが、リタイアした老人にとっては馬鹿げたことに感じるのです。休み中は体調の急変が起きないよう不安でなりません。https://www.mwangole.net/items/km-shinjuku/