教室で流れる女の子の歌声がとても美しいです

美しい世界には、美しくなる要素があります。例えば、小学校の教室で、女の子が、音楽の授業で習った歌を口ずさみ始めたとします。すると、それが、ほかの女の子に伝わって、教室は、美しいメロディが流れるといいます。音楽で習った歌というのが、昭和的というか乙女というか、美しさを想像していまします。そこではないでしょうか。音楽で習った歌を歌える環境があるということです。なかなか、歌うことなどできません。気持ちが落ち着いているということです。
そのメロディを聴いて、ほかの人にも歌は伝わっていくのです。クラス中が歌っていることにもありますね。ありがたいと思います。環境は、子供たちが落ち着いていないと、作り出せないものですから。いつも男の子の恋の話ばかりでは、歌は歌えないのです。
学校が、このようであれば、リラックスできる子供も増えてくることでしょう。緊張して学校に出かけるのは厳しいですから。自然ということです。ミュゼ 400